fc2ブログ

Keep smiling ! Keep climbing !

 

二子からジェットセット 3/28(日)

二子は 全面綺麗に濡れておりました。
しかも 寒い。
越冬しても もう今は春。
暖かさに慣れてしまった体には この寒さはこたえたのであります。
みんな 広場に集まってきて登ってましたが
早々に帰る人もちらほら。
私は アップもやめて ピヨピヨのゴボウ回収にとりかかった。
ああ 残念。せめてあと1日 岩と私の状態がよければ登れただろうに。
だからと言って これ以上状態の悪い二子に通う気にもなれず 一旦回収する事にした。
これで3年越しのピヨピヨ 今年も登れず来年持ち越しとなってしまった。

KK子さんとつっちーさんと ジェットセットに移動。
小西さんがいらして なつかしい。
小さいジムながら 傾斜のある壁がどーんとあって かなり手強い。
ここでもまたKK子さんの強さを見せつけられた。
というか 自分のボルダー力のなさを思い知る。
結構厳しかった。

スポンサーサイト



  1. 2010/04/05(月) 00:23:19|
  2. 二子山|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ピヨピヨ ワンテン 3/22(月)

パンプのSさんと二子。
ピヨピヨをなんとか落としたい。

見上げると 出だしのデッドでとるホールドが濡れている。
最後の3本目クリップホールドのガバコルネにツララが張り付いている。
あ~だめだぁ。。。

でもまあ 他をトライする気にもならず
なんとか筋トレと思って頑張ってみる。

ピヨピヨ ×××

2本目クリップして 左にトラバってコルネをとってムーブをおこすまでは 出来るようになった。
あと3手。
3本目のクリップホールドは ガバだから気をつけて持てばなんとかなるかと思ったが
裏から全体が濡れてるだけでなく 凍っていたので
3本目のクリップは諦めて ムーブをおこす所まで練習した。

フレッシュな時に 頑張れば登れそうになってきた。

  1. 2010/04/04(日) 23:54:27|
  2. 二子山|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

平日二子 3/17(水)


みきちゃんとT沢さんの3人で 平日二子。
雪道は氷となって T沢さんの4駆ボルボでも結構滑って怖かった。

弓状につくと きんさん M代さん TママとH氏で 総勢7名。
そのうち 3人がおいしいよ。
朝のうちは つららが至る所にあって しずくがキラキラ。
天気がよくて 暖かいのだけれど 岩はちょっと冷たかったようです。

おいしいよは ボルト3本目のクリップホールドが最後まで濡れてたようで 
皆さん消耗されてました。でも上は 乾いてたようです。

SVPは 最初の大レストする大コルネが ツララ&氷でびっしょり。
ツララは 午後には無くなってましたが 夕方までびっしょり濡れてました。
他は 大丈夫そうでした。

ノースマウンテンは 最初の核心コルネが濡れてました。

ホテル二子は 大丈夫そうでした。

ペトルーシュカは 出だし前半のコルネが 所々濡れていて
上部凹角付近の出っ張ったコルネが濡れてましたが
最後の核心ホールドは 乾いていたようです。

私のトライするピヨピヨは 最初にデッドで取る左のホールドが びちょびちょで
プリクリ棒の先に雑巾をくっつけて 拭き取ってからトライしました。
でも すぐ濡れてきてました。

ピヨピヨ ×××

3便だして 進歩なし。がっかりです。
テンションして 落ちたところからトライすると 出来るのですが
数手前から戻って トライすると 抜けられません。
力の無さを感じます。
もうしばらく 筋トレモードで頑張るしかありません。
ピヨピヨ終わったら マイライフと思っていたけれど
とんでもない感じになってきました。
とほほ。

総勢7名中女性が4名 最近の二子は女性に人気なのかなぁ?
0039.jpgレイラを登るM代さん








































ようこそT-wallを登るTママ0045.jpg


























おいしいよを登るみきちゃん0044.jpg







































  1. 2010/03/18(木) 23:11:46|
  2. 二子山|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

雪の林道は怖いよ~@二子 3/14(日)


トンネルから先が 今日の核心だった。
ハリアーは 一応4駆で乗用車よりは少し車高が高い。
スタットレスも履いてるし 大丈夫だろうと思って 進んで行ったけれど
わだちが深くて 結構怖かった。
先に行ったツッチーさんは 見えなくなっている。
どうも車が宙に浮いてるような感じで 止まる事も下がる事も出来ず
進むしかない。
怖い怖い!を連発しながら 最後の坂手前で車が1台止まっていたので
私もここでもう許して~!とお願いして
あとは皆に歩いてもらった。
_MG_0009.jpg

駐車場には 普通車も止まっていて 凄いなぁと驚いた。

弓上は 上から光り輝く雪解け水がポタポタ。
まんべんなく濡れてました。
今日の目標のピヨピヨも ツララだらけ。
_MG_0013.jpg


























広場は どこも乾いていて みんな広場に集まってきてた。
アップしていると 広場から奥へトイレに行く道の途中で 落石があったらしく
T地さんが 小石が頭に当たって出血。
大した事はなさそうだったけれど 結構出血していたので チエマオさん達と病院へ向かった。
落石怖いです。常に上を注意してないとですね。
T地さんも 大きな落石をやり過ごしてから歩き出したら 小さな石に当たったとの事。
雪が解けて 岩が緩んでいるのですね。

私はピヨピヨが濡れているので 乾いていた広場のレイラ11dに初トライした。
プリクリ棒で上までヌンチャクをかけて
トライするも クリップ3本目 カンテを右に出る所から先に行けない。
ピヨピヨみたいに どうも力を入れられずに落ちてしまう。
バランスが悪くて ムーブがある。
Sさんも一緒にトライしてて Sさんは慎重が180センチ以上あるのに
バランスが悪くて 二人であ~だこ~だ。
ヌンチャクつかんでクリップして いろいろ練習。
U子ちゃんに またしてもムーブを教えてもらって
3便目で ああ こんな感じかなぁ~って思ったところで 終了となりました。

_MG_0021.jpg
広場は 青い目や好色をトライする人が沢山いて いつになく賑わっていました。


_MG_0025.jpg






























おいしいよは 濡れてはいるものの 核心は濡れてなかったようで
皆さん せっせと励んでられました。


































  1. 2010/03/16(火) 17:35:44|
  2. 二子山|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

雨と雪の中でピヨピヨ 3/7(日)


今日は一人で二子に向かった。
現地でパンプのSさんにビレーをお願いしてあったけれど
たった一人で二子に向かうのは 初めて?かなぁ。

そして今日は寒かった。
最初は雨だった。だんだん気温が下がって雪に変わった。
おいしいよをトライしてる人達は みんな岩が冷たいと言って 
いつものムーブをおこせないでいるようだった。
でも ピヨピヨは 短いので 冷たいと感じる前に落ちていた。
焼き石はしないで ホカロンで十分だった。

久々に悪魔のエチュードを2本登ってアップした。
苦手な悪魔だけれど 足使いが慣れてきたのか 前より登り易く感じた。

ピヨピヨ11b
1便目 × テン山。出だしが出来ず 途中から繰り返してボルト2本目クリップして降りる。
2便目 × ボルト2本目まで ノーテンで行けた。まあ ここまでは去年も一昨年も来れているのよね。
3便目 × ボルト2本目から3本目までのムーブを探った。コルネをつかんで 左手ホールドを取りに行く前に
      中継を入れてみると 1回だけ出来た!テンションムーブかもしれないが ちょっと希望の光が!

ピヨピヨは もう大変。
一手一手で声が出る。なんだか恥ずかしいくらい。黙ってホールド取れないのかしらん。
キョンからクロスでホールドを取りに行くとき 胸を反らしてしまうと 遠くなる。
腹筋をきかせて 胸を反らさず 肩を丸めるようにして 横隔膜を上に持ち上げるような気持ちで
行くと 近くなるような気がする。次回試してみよう。

Sさんは ピヨピヨをあっさりRP. 
オメでございます。
マイライフのムーブも解決して すでにRP体制。
頑張って私生活まで行っちゃってください!
  1. 2010/03/11(木) 00:18:22|
  2. 二子山|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

二子でピヨピヨ 2/28(日)


家を出発する時から ずっと雨。
それが 登人を過ぎてトンネルを超えると雪に変わった。
二子は綺麗な雪景色。
コンパクトカメラが壊れてしまって 写真がないのが残念なくらい。
しかしそれも午前中だけで 午後からは嘘みたいなお天気で 雪はすっかり消えてしまった。

毎年二子後半にピヨピヨにトライして3年目。
今年こそは 決着をつけたいものだ。
ピヨピヨ11b 二子で一番傾斜の強いエリアでボルト3本のほとんどボルダー。
私の一番苦手な課題かも。
でも これが登れない事には ピヨピヨから繋がるマイライフは手が出ない事になる。

ピヨピヨ11b ×××

だいたい 最初の一手から出来ない。確か去年も一昨年もボルト2本目までは行けたはずだが
私のボルダー力はどうなってるのか?
テン山でムーブ探って終了。
不可能な気持ちになってくるけど めげずに登れるまで通います。ハイ。


  1. 2010/03/10(水) 23:46:45|
  2. 二子山|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

SVP RP! 2/26(金)

本当は 木曜の仕事が遅くまでかかる予定で
その仕事の画像処理を金曜に自宅でして 納品をすませてから
土日に二子に行く予定だった。

しかし 土日の天気が悪い予報。
私のSVPは 先週ワンテンとなり RP体制だったので
金曜の仕事を土曜に回して 金曜につき合ってくれる人を探したら
T沢さんが 快くOKのメールをくださった。
夜中にいそいそと支度をしてると またお腹が痛くなってきて
このところの寝不足で また朝までお腹が痛くてドタキャンか!?と
凄く不安になったけれど 今回はお風呂に入ったら治まってよかった。


曇りのち雨という予報だったけど 
ついたら日がさしていて アップのワーカーホリックは 暑かった。
結局 雨は夕方まで降らず なんとか1日登る事が出来た。

弓状には さすがに1番乗りで 誰かくるかなぁと思っていたら 
U御大がいらした。他に総勢7名。

SVP12b 1便目 × 初めて最後の核心クリップが出来たが その後のデッドでフォール。
         最後のムーブを確認して トップアウトして降りる。

     2便目 RP!(total 19)
やったー!



1便目は 出だしのホールドがやや湿ってる感じがしたが 体は軽く感じた。 
今までで 一番余裕のある登りで 上の核心までスムーズに行ったのだが
核心クリップした後のムーブと足を迷って 繋げられなかった。
2便目は 1便目より 疲れを感じながら登って行った。
それでも 最後のムーブは間違う事なく出来て クリップした後のデッドは声を出して止まった。

SVPは 3つのパートに分けられる。
パート1 傾斜の強いガバコルネから 第一核心へ。
     核心手前大コルネのレストは 私は左足のニーロック。わりと楽。
     第一核心は 左手ガストン。右手中継を入れて穴を取って 左手アンダーに持ち替え。  
     足位置が重要。

パート2 細かい粒をフットホールドにして 右足ヒールで登って行く。クリップホールドでレスト出来る。
     
パート3 ボルト6本目から7本目が最後の核心 そして終了点まで。
     7本目のクリップが出来ないで落ちると 大フォールとなって怖い。
     クリップムーブを見つけるのに 時間がかかった。
     6本目から7本目までの手順は 人によってさまざま。
     私はコルネを左手ピンチでつかんで 深いキョンを決めてクリップ。
     細かい足順を繋げて ガバに右手デッドでガストン持ちして 足をあげてガバを取る。
     後は 丁寧に登れば問題なし。

最初は 第一核心のムーブが出来なくて 胸を痛めたりしていたけれど
それが出来るようになると だんだんそこのムーブは 易しくなってくる。
本当に核心は上で 最後までヌンチャクつかんでクリップしていた。
面白いもので ちょっとしたホールドのつかみ方 体重の移動の仕方 目線の方向
細かい足順 それらの工夫の仕方で精度があがって行く。
私は力がない分 いろいろ工夫をこらすのがとても好きで面白い。
でも そうしているとどうも時間がかかってしまって 人に迷惑をかける事になってしまうから
もっと早く登れるようにならないとといつも思ってしまうのだ。

SVPにお付き合いいただいたゴン助さん T沢さん sbaさん みきちゃんとK野さん K藤さん 他皆さん ありがとうございました。


その後 試しにおいしいよを触ってみたけど ボルト3本目がクリップできずに 早々に敗退。
まだまだ当分お呼びでない感じでした。

長年の宿題となってるピヨピヨ11bをトライするも
全く出来ず 去年一昨年よりもっと出来なくなってて がっくし。
持久系のSVPと全く反対の瞬発系ボルト3本のピヨピヨ。
なんとか春までに ゲットしたいのであります。
 

  1. 2010/02/28(日) 00:43:53|
  2. 二子山|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

二子 2/20(土)

久々にsbaさんと二子へ。
ワーカーホリックでアップして そのままSVPをトライ。

SVP ××× 初めてワンテン

1便目2便目と 1手づつ核心が伸びて行った。
最後の核心のクリップホールドを見つけて クリップムーブが出来るようになり
3便目テンション入って ワンテンでクリップして抜けられたのが 大きな収穫。
2便出してよれていたのに 薄暗くなって3便目でワンテンまで持って行けて 
力がついてきたなぁと思った。

今回 SVPは 比較的空いていて 3~4人。
そのうち二人は 午後からののんびりなので あまり順番を気にしなくてもいい感じ。
それに比べて おいしいよとペトルーシュカは混んでいる。
おいしいよにトライしてる人と組む時は おいしいよの順番も少しは気にしていたのだけれど
今回は sbaさんがペトにトライで まだRPという感じではなかったので
ペトはどうなってるのか あまり私は気にしなかった。
SVPが ゆるやかな混み具合だったので わりと自分のペースで登れたのだ。
でも 後から考えると ペトの順番も もう少し考えてあげれば良かったと思う。

私のビレー中に sbaさんのペトの順番が回ってきたらしく
ペトの順番を待ってるクライマーのお相手が おいしいよのクライマーとすると
おいしいよのタイミングも狂ってくる という事になる。
という事に 後から気がついた。

要するに 自分の登るルートの混み具合だけでなく
ビレーヤーの登るルートの混み具合も よ~く考えて
次に順番が回ってきそうなら 先にトライしてもらうとか
ハングドッグしないで さっさと降りてくるとか
なんか対策を考えて 多くの人が滞りなく登れるようにしないといけない
と 言う事ですかね。
だから 混んでる所は嫌なんだけど 登りたいんだから仕方ない。
特に私はハングドッグが長くて クレームが多いから
本当に気をつけないと 誰も一緒に登ってくれなくなってしまうから
注意しなくっちゃと思った次第です。
早くリタイアして 平日クライマーになりたいなぁと思う今日このごろです。

  1. 2010/02/27(土) 23:39:07|
  2. 二子山|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チョークバックに穴があく 2/14(日)

雪の林道を無事通過して 二子駐車場へ到着。

ワーカーホリックでアップ後 
SVPをトライ。
しっかり焼き石をしたら チョークの量が少なかったのか
チョークバックに穴があいて 焼き石が落っこちてしまった。
まだ 出だしだったので 石が人に当たらなくて 本当に良かった。
結構気合いいれて出撃したけど 早々にモチが低下。
1便目は 各駅でムーブを練習した。
2便目 3便目と 最後のクリップが出来ず ヌンチャクつかんでしまう。
下の核心は もう問題なし。核心は上に移って 1手づつあがって行った。

SVP ×××

  1. 2010/02/27(土) 23:11:11|
  2. 二子山|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

お腹痛くて二子ドタキャン 2/6(土)

 今日の二子のために 3日レストして備えた。
疲れは残っていないはず。
なのに なのに 
夜になって そろそろ寝なきゃって時間になって
なぜだかお腹が痛みだす。
あれ?冷えたかな?
お腹を壊してる訳でもない。
風邪か?でも そんな人ごみに出てないし 家で仕事してる事が多かったし。。。
それでも 波のように繰り返し襲ってくる腹痛に耐えながら
二子の準備をして お風呂に入って暖まるも 全然収まらない。
我慢しながら ベッドに横になる。

一旦横になると 起き上がれない。
どうしよう。どうしようと 痛みに耐えながら考える。
確か2階に 腹痛に効く薬があったはずだが。。。
駄目だ。取りに行けない。
救急車を呼んで 一晩入院した方が早いかも。
駄目だ。服が着れない。
明日の二子は これじゃあ行けない。
もう3時半だ。メールして連絡しなきゃ。
メールして。。駄目だ。痛くてメールに集中出来ない。
どうしよう。。。。。。。

と うめきながら 1時間程眠ったらしい。
5時の目覚ましで目をさました。
腹痛は少し治まっていて ゴン助さんとツッチーさんにメールして
ドタキャンさせてもらった。ごめんなさい。

その後少し眠った。

午前中 病院に行った。
その時には 腹痛は治まっていた。
原因は不明。風邪かなぁ?
胃腸薬と頓服をもらってくる。
仕方ないから パンプに行く。

ボルダーで 長物10bが登れず 情けない。
何度もトライして ようやくゲット。
T橋さんがいらして ボルダー課題を二つ作ってくださった。
一つは6級くらい?なんとかゲット。
もう一つは 5級くらい? 最後が出来なかったけど 結構面白かった。
フージマが来たので ルートに行くも
11aで テンションしまくり。
10台2本登って 終了。
よれているのか 弱っているのか 私の体は 一体どうなってるのか?
なんだか情けなくなってくる。




  1. 2010/02/07(日) 23:24:54|
  2. 二子山|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
次のページ

ノリコノリコ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search